PRODUCTION

制作職

広告物のプリント、カットなどの加工や
立体物の組み立てを行います。
インクジェットプリンター、ラミネーター、
カットマシンなどの機械を操作します。
単に制作するだけでなく、効率よく
仕事を進める工夫やチーム内での分担も重要です。
技術面から、営業の提案に
アドバイスをすることもあります。

B&Pの制作職 学べるポイント

1.インクジェット出力、
加工の技術

インクジェットに特化した企業ならではの知識と技術を身につけられます。最新設備の導入も積極的に行っているので、常に新しい技術を身につけるチャンスがあります。

2.グラフィック作成
ソフト、色の知識

見本通りに広告を仕上げるために、デザイン作成に使用されるソフトの知識を身につけていきます。インクジェットの持ち味である画像の鮮やかさを最大限表現するため、インクの掛け合わせで生まれる色の知識を身につけ品質向上に役立てていきます。

3.業務改善力

より生産性、安全性を高めた仕事の進め方を追求するため、自ら改善する方法を考え提案していく力も求められていきます。

主な業務フロー

基本的な業務フローになります。案件内容によって業務フローは異なる場合があります。

  1. 営業、
    入稿と予定を共有
  2. プリント
  3. 加工、仕上げ
  4. 検品
  5. 梱包

求める人材像

求める人材像

  • 創意工夫ができる人。
  • 適切に状況判断できる人。
  • どうすればもっと綺麗に作れるのか、もっと早く作れるのかを考える事が制作には求められます。また状況に応じた細やかな気配りも大事です。

キャリアモデル

キャリアについては、上長との評価面談を行い本人の希望・適性・実績などを考慮して決定します。

入社4年目の社員(新卒入社)

1年目
印刷物のカットや表面加工、梱包などの作業を担当。
2年目
加工作業を一通り覚え、チームで協力しながら量産の案件なども手掛ける。
3年目
加工の工程管理と後輩の指導を任される。
4年目
プリント業務から出力までの作業全体に携わる。画像処理ソフト・プリンターの操作に習熟。

入社7年目の社員(中途入社)

1年目
東京本社制作部に配属、SPツールのプリント作業を担当。
3年目
チームリーダーとなり、制作作業とメンバーのマネジメントを並行して行う。
7年目
新規事業の3Dプリント事業の立ち上げメンバーに加わり、制作フローをいちから確立する。

社員メッセージ

篠原 隆佑

篠原 隆佑 Ryuyu Shinohara

制作職のやりがいは?

B&Pは短納期での広告制作を行っているため、入社して間もない頃は納期のプレッシャーを感じることが多くありました。
今では様々な経験を積んだこと、まわりの状況を見られるようになったこと、またチームや先輩がフォローしてくれたりと、納期に対するプレッシャーを感じることはなくなりました。
私はこのプレッシャーがなくなっていくところに仕事のやりがいを感じています。 最初は緊張して何をやるにもぎこちなかった自分が、様々なことに余裕を持って取り組めるようになっていくと、その分野ではプロになれたような気分になって嬉しくなります。

石木 沙季

石木 沙季 Saki Ishiki

制作職のやりがいは?

入社前はMacの使用経験がなく、全く使い方もわからないため不安がありましたが、Macの操作の基本からillustratorやphotoshopでの印刷データ作成の仕方、プリンターの使い方などを一から先輩社員に教えてもらいました。
B&Pの機械保有数は業界内でもトップクラスを誇っていて、新しい機械の導入などもあり、いくらでも新しいことを学べる機会があります。
自分のステップアップを感じることのできる職場でモチベーションのアップにつなげることができます。

佐藤 大介

佐藤 大介 Daisuke Sato

制作職のやりがいは?

新規事業の3D部門を担当していますが、新規事業なので前任者などは当然いませんし、自分自身全くの未経験なので日々不安ばかりですが、トライアンドエラーを繰り返しながらも商品が完成し、無事納品出来ると心底安心します。
それがやりがいと言えるかと思います。