インクジェット出力は、ビーアンドピー企業情報

Company

企業情報

ビーアンドピーは、大阪・東京・横浜の都心部を拠点として、
大型インクジェット出力機を用いたサインディスプレイ制作を行っています。

PROFILE

会社概要

商号 株式会社 ビーアンドピー
設立 1985年10月22日
資本金 1,000万円
従業員数 185名(2018年11月現在)
代表取締役会長 和田山 英一
代表取締役社長 和田山 朋弥
各拠点所在地
[大阪本店]
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀2丁目6-33 江戸堀フコク生命ビル3F
TEL:06-6448-1801 FAX:06-6448-1802 アクセスマップ
[東京本社]
〒105-0004 東京都港区新橋5丁目10-5 Daiwa新橋510ビル4F
TEL:03-5408-8051 FAX:03-3436-1855 アクセスマップ
[ニコール事業部]
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9 4号棟
TEL:045-450-5921 FAX:045-450-5923 アクセスマップ
[ワイドフォーマットスタジオ]
〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3-9 3号棟
TEL:045-444-5165 FAX:045-444-5166 アクセスマップ
事業内容
  1. 販売促進用サインディスプレイの制作
  2. 屋外用大型サイン・広告の制作
  3. 建物の内装、インテリア用品の出力、制作
  4. 広告企画および制作に関する提案業務
主な取引先 大手広告代理店、広告制作会社、デザイン会社、ゼネコン ほか
認証資格
  • プライバシーマーク認定企業
    (認定番号:第20001462号)
    プライバシーマーク
  • 屋外広告士
  • 防災加工専門技術者資格証
  • F☆☆☆☆(フォースター)認定工場 ※1
  • フォークリフト運転技能者
  • 高所作業車運転技能者
  • 有機溶剤作業主任者
  • ※1 F☆☆☆☆(フォースター)とはホルムアルデヒドを発散する建材の発散量の等級です。F☆☆☆☆(フォースター)はその中でも発散レベルの最も低い製品に表示することができる最高ランクの等級で、建築基準法の規制を受けずに使用することができます。

MESSAGE

代表挨拶

代表取締役社長 和田山 朋弥

インクジェットプリントで世の中をわくわくさせたい

当社は、インクジェットプリントサービスを事業とし、お客さまに多岐にわたる「カタチあるモノ」を提供する企業集団としてビジネスを展開しています。

ただ紙やモノに印刷するだけにとどまらず、表現方法や印刷技術も「時流適合」させていくことが私どもの使命であると考えております。できるものだけをやるのではない、それが我々にとって、世の中にとって未来発展に貢献すると信じるから挑戦したいのです。

ビーアンドピーは、お客様との信頼関係を丁寧に築き上げ、常にきめ細やかなワンストップサービスをスピーディに提供する、そのような会社でありたいと常に心がけております。

これからも皆さまのご期待にお応えできるようこれからも努力してまいります。
温かいご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役社長 和田山 朋弥

HISTORY

沿革

1985年
  • 和田山コピーセンター(株)開業
  • ゼロックス専用のコピーサービス業を開始
1987年
  • 大型サイズカラーコピーサービスを開始
1990年
  • 「(株)ビーアンドピー」に社名変更
1991年
  • 大型カラー出力機「ハンビック」を導入
  • 屋外用看板・ディスプレイの制作販売業務を開始
1994年
  • MAC画像処理システム導入
  • 画像出力のデジタル化を実施
1995年
  • EN-CAD社製、出力機「NOVA-JET」を導入
  • 出力画像品質が向上し写真に匹敵するデジタル出力を実現
2001年
  • コピーサービス業から撤退
  • サインディスプレイ業に業務を集中する
2002年
  • 「東京営業所」を開設し、東京での営業を開始
2009年
  • リボードディスプレイ制作を開始
2010年
  • 大阪市西区江戸堀に本社移転
2013年
  • EFI社製、広幅UV出力機「VUTEk GS5000r」を国内初導入
2014年
  • インターネット通販サイト「ハイプリント」営業開始
  • 東京営業所を「東京本社」とし東京、大阪の2本社体制に変更
2015年
  • 東京都江東区に「江東事業所」を開設し、昇華転写事業を開始
2016年
  • (株)ニコールを買収して100%子会社とする
2018年
  • ミマキエンジニアリング製 3Dプリンタを導入し、3Dプリントサービスを開始
  • (株)ニコールを吸収合併する
  • 「江東事業所」を横浜に移転し、「ワイドフォーマットスタジオ」として営業開始

CSR

社会的貢献

ビーアンドピーは、経済・社会の発展に貢献して、責任ある企業活動を行うことが、CSR(企業の社会的責任)と考えています。 つまり、法令・社会規範・社内規範を尊守し、ステークホルダーの皆様に信頼され、より良い関係を築くことで健全な経営の実現と社会的責任を果たせるものと考えております。そうした思いのもとビーアンドピーは、環境・社会貢献活動を展開しています。

コンプライアンスの徹底

ビーアンドピーは、サインディスプレイ事業者として取り扱う個人情報の重要性を良く認識し保護することは、重要であるとともに社会的責任でもあるとも認識しております。弊社では、個人情報保護マネジメントシステム(PMS)を制定し、社内への活動を日々推進しています。また、2010年6月にプライバシーマークを取得し、規定に則った個人情報の管理を適切に行っています。

適正な情報開示

ビーアンドピーは、社会から信頼されるために、透明性が重要であるとの認識のもと、様々なステークホルダーに対して、企業情報を公正かつ適時・適切に開示しています。

環境への配慮

ビーアンドピーでは、地球環境に配慮した「リサイクル可能な環境配慮型エコ素材」「次世代インクの使用」「不燃インクジェット出力」などの取り組みを行っております。地球環境保護・保全に取り組み、持続可能な社会の継続的発展に貢献します。

働きがいの向上

最新機械の導入とともに、力を入れているのが人材の採用・育成です。 長らくハードワークが続いてきた印刷業界。当社もその一社でしたが、それではいい社員は育ちません。 そこで勤務体制を見直し、教育体制を整備。大胆な職場改革の結果、残業が激減すると同時に業績がUP!社員の表情もみるみるうちに変わっていきました。苦しい時代をともに頑張ってくれた社員には心から感謝しています。改革は現在も継続中。事業拡大のターニングポイントを迎えている当社にとって人材は最も重要な財産ですから、大切に育てていきたいと思っています。